『技能グランプリ』

技能グランプリは、熟練技能者が技能の日本一を競い合う大会で、出場する選手は、当該職種

において、特級、1級及び単一等級の技能検定に合格した技能士であり、 技能五輪全国大会

が青年技能者(原則23歳以下)を対象とした技能競技会であるのに対し、技能グランプリは年

齢に関係なく、熟練技能を競う文字通り全国規模の技能競技大会です。

現在では30職種の競技が行われ、厚生労働省及び中央職業能力開発協会、社団法人全国技能士

会連合会の共催により開催しています。

大会の優勝者には、内閣総理大臣賞、厚生労働大臣賞などが贈られます。

 

 

 

 

『第30回技能グランプリ』

平成31年3月1日から4日、兵庫県神戸市 神戸国際展示場をメイン会場に

《天皇陛下御在位三十年記念》大会として開催されました。

石工職種の競技は2・3日の二日間、競技時間は初日6時間、二日目の2時間、計8時間で与えら

れた課題を全て手加工にて作成、競技中の作業態度・製品の寸法精度・出来栄えにより《減点

法》にて採点されます。

使用材料は25回から28回大会までは愛知県産出御影石(競技時間は10時間)、29回からは福島

県産出の安山岩《江持石》が使われています。

この30回大会には全国から23人の《一級石材施工技能士》が参加。

私も初参加ながら《銅賞》に入賞いたしました。

 

 

 


過去の大会詳細については中央能力開発協会のホームページからご覧になれます